いまだに日本を覆う「ぬめっ」とした空気

LINEで送る
Pocket

_以前、昭和前期のSF作家である海野十三の作品「浮かぶ飛行島」の朗読動画をアップしたことがあります。そのとき投稿されたコメントの中で「これが戦前のものだとわかっているのか!」というのがありました。何が言いたいのか今ひとつよくわからなかったけれど、おそらく「戦前の文物を取り上げるなんて、軍国主義者かファシストなのか?」といったところでしょうか。どの年代の人のコメントしたのかはわからないけど、なんていうか日本全体を覆うぬめっとした空気を体言しているような印象を受けたので、妙に記憶に残っています。

 あなた、戦前のものは何でも「愚かなもの・悪いもの」と思ってるでしょ?

_と言われても、多くの人が「そんなことはない」と答えるのかもしれません。だが実際に「戦前の何か」が目の前に出てきたとたん、冒頭のコメと同じようなホワっとした印象を持つんじゃなかろうかと思います。いわゆる右寄りの方々でも「戦前の日本は愚かで誤った選択をした」というように置き換えれば、戦前の日本をなんとなく負の側面で見ようとする自分のフィルタに気が付くんじゃないだろうか。

_もちろん「違う」という人も多いことは知ってるし、団塊の世代が消えつつある今、だんだん昔の日本に対する評価が取り戻されつつある実感もある。でも日本全体で見れば、やはり「ぬめっ」とした空気が覆っているのは確か。

_例えば、「八紘一宇」や「教育勅語」なんて、その単語が出てきただけで「トンでもないシロモノ!」とレッテル貼りするマスゴミや言論人をいまだに良く目にする。森友問題では「教育勅語」がまるで悪の経典でもあるかのような取り扱いがされていた。

 なんだかなぁ。

_なんていうか人間なんてそうそう変わるもんじゃないというのが私的な見解。「状況」が違っただけで人間の「本質的な部分」は同じ。だから一時代の人々だけが、取り立てて愚かだったとか悪だったとか「安易に」断定するのは避けたいと思うわけです。

_もし現代にいる私たちが第二次世界大戦の「状況下」に置かれたとしたら、皮肉を込めて言わせていただくと、実際に当時を生きた人々より遙かに「愚かな選択」をする蓋然性が極めて高いとか思ってしまうわけですよ。

_で、何が言いたいかと言いますと、この「ぬめっ」としたフィルタのために「戦前のコンテンツが無視され過ぎ」ということです。もったいないと思うのです。

_冒頭の「浮かぶ飛行島」なんて、めっちゃくちゃ面白い冒険活劇なのに、「戦前のうんぬん」で無視されている状況が歯がゆい。

 誰か映画化して!アニメでも可!

_まぁこれが言いたかっただけの次第。