【神道大辞典】アイガハチマンジンジャ

LINEで送る
Pocket

アイガハチマンジンジャ
相賀八幡神社
和歌山県伊都郡紀見村胡麻に鎮座。郷社。誉田別尊・足仲彦尊・気長足姫尊を祀る。本社には本来八幡宮にして、社蔵正平二十一年鳥居額の銘を按ずるも吉野朝以前の古社である。蓋し地方の豪族坂上氏の勧請に係るものの如く、同氏の此の地を領するや、本宮石清水の祭式を以て神事を行い、尊祟極めて篤かった。降って江戸時代に至っても相賀荘の大社として、又十一箇所村の鎮守神として、崇敬された。