北朝鮮に拉致されたタイ女性の兄 スカム・パンチョイさんが死去

LINEで送る
Pocket


北朝鮮に拉致されたタイ女性の兄 スカム・パンチョイさんが死去 – 産経ニュース

北朝鮮に拉致されたとみられるタイ人女性アノーチャー・パンチョイさんの救出を訴え続けた兄のスカム・パンチョイさんが1日、白血病のため、タイ北部チェンマイ県の自宅で死去した。69歳だった。「北朝鮮に拉致された人々を救援する会チェンマイ」(海老原智治代表)が明らかにした。


 

k0局長
衷心より哀悼の意を表します。スカムさんは同年12月に日本の拉致被害者家族会などの招待で訪日し、曽我さんとジェンキンスさんに面会して妹の消息を直接尋ねたり、安倍晋三官房長官(当時)と面会したりしいたそうです。

yuna御前賀夕菜
北朝鮮拉致問題については、私達は当然ながら日本人被害者に注目するのは当然のことだけど、実際には日本人以外にも沢山の諸外国の人たちが拉致被害にあっているんですよね。

hachihachi
日本人の他に、アメリカ人・タイ人・ルーマニア人・レバノン人・オランダ人・フランス人・ヨルダン人・ギニア人・イタリア人・シンガポール人・マレーシア人・韓国人・中国人などが少なくとも含まれると見られています。

脱北した元北朝鮮統一戦線部幹部のチャン・チョルヒョンが、救う会主催の国際セミナーで報告したところによると、「世界各国から子供を拉致する金正日総書記の指令」が出され、日本だけでなく世界各地域から、北朝鮮の工作員に育てる目的で、特に子供たちが拉致される事例が多かったという[5]。2013年2月時点で、拉致被害者の出身国は14カ国に登る可能性が浮上している[6]