売国漫才B-1グランプリ予選 どんとこりゃ

LINEで送る
Pocket


 

hachi 「売国漫才B-1グランプリ予選。適当な感じで続いておりますが、本日登場いたしますのは『どんとこりゃ』のお二人です。それでは早速はじめて行きましょう。どんとこりゃです。」

きんきん「どうも~。どんとこりゃでーす。よろしくお願いしまーす。」

くねくね「どもっ」

きんきん「なんやその挨拶、なんや君元気ないなぁ。いったい全体どないしたんや。」

くねくね「えぇ、まぁ。」

きんきん「もう桜も散ってポカポカと暖かくなってきましたけど、あれかちょっと早い5月病みたいな感じ?」

くねくね「えぇ、まぁ、その。もう4月も中ごろになって来たっていうのに…」

きんきん「ほうほう。4月も中ごろやというのに」

くねくね「韓国ネタが少なくてなんか寂しい。」

きんきん「いやいや、結構あるよぉ?2015年入って4か月たったけど、すっごい沢山やらかしてるよ。」

くねくね「すっごい滑るよっ!」

きんきん「いきなりなんやねん。滑るって言えば油やね。すっごい滑る油があちこちの神社でまかれてますねぇ」

くねくね「すっごい滑るよっ!だから気をつけてね。桜庭さん」

きんきん「誰? にしてもまぁ、油まき事件は犯人わかってへんからなぁ。」

きんきん「韓国ネタかどうかは特定はできんなぁ。」

くねくね「すっごく怪しいよっ!」 きんきん「もうそれええからっ!」

きんきん「でもあれやん。今年入ってからだけでも、韓国ネタって山ほどあるやん」

くねくね「そうかなぁ。数えたらまだ100件くらいしか」

きんきん「多いやろっ!」

きんきん「まぁ、最近のネタって言えばアシアナ航空機事故やね」

くねくね「ちょちょちょどれだけ低空飛行するねん!って高度で足ひっかけたやつね。」

きんきん「あれって新聞やニュースじゃ、立地や空港の構造が悪いみたいに報道されてんなぁ」

くねくね「そんなん当たり前やん」

きんぎん「なんで当たり前やねん!あんな飛び方するのが悪いんとちゃうの!」

くねくね「全て日本のせいにしてこその韓国やんかっ!」

きんきん「あっ…そやね。」

くねくね「そやで。朝日新聞なんか読んでたら、タイヤに金属が絡まったことしか書いてへん」

きんきん「日経もそうやったけど、なんか日本が悪いみたいな感じやなぁ」

くねくね「そやろそやろ。ほめてほめて。」

きんきん「なんでやねん…」

くねくね「それだけとちゃうねんで。乗務員はちゃんとパニック起こして乗客をほったらかすし、」

くねくね「パイロットも一時所在がつかめずや。」

くねくね「なのに、韓国のテレビはCAが献身的に乗客を誘導したって自慢しまくってんねん」

きんきん「マジか? 最低やなぁ」

くねくね「マジマジ。ほめてほめて。」

きんきん「なんでやねん…」

くねくね「なんでやねんって、なんでやねんっ!」

きんきん「なにキレてんねんっ! そんな話聞いたら腹立つに決まってるやろっ!」

くねくね「お前こそ何やってんねん!」

きんきん「何って売国漫才に決まってるや…ハッ」

きんきん「ナナ、ナニモカモニッポンガワルイニダ!」

くねくね「ふふふ。今頃もう遅いわ。俺がホンマの売国をみせちゃる。」

きんきん「おぉ。」

くねくね「これを視てる全ての日本人がオイオイってなること間違いなしやっ!」

きんきん「マジかっ!」

くねくね「ほなやるで!」

きんきん「ワクワク」

くねくね「実はなぁ~」

きんきん「ワクワク」

くねくね「オチないねん」

きんきん「へっ?」

くねくね「オチはありませーん!」

きんきん「オイオイオイィィ!」

くねくね「ありがとうございましたー」

きんぎん「ありがとうございましたー」

hachi「どんとこりゃのお二人でしたぁ。」

hachi「お疲れ様でした。」

くねくね「ありがとうございます。」

きんぎん「いやぁ、初めてで緊張しました。」

hachi「これまでの予選参加者は、皆、解散したり退治されたりしていますので、」

hachi「どんな採点結果になっても、現在お二人がトップということになります。」

くねくね「おぉ」

きんぎん「よろこんでいいの?」

hachi「それでは審査員の高村副総裁に感想をいただきましょう。」

hachi「高村さん、お二人のネタはいかがでしたか?」

きんぴら「相当くたびれた…」

hachi「はい。高村副総裁から”相当くたびれた”をいただきました。」

hachi「それでは、売国漫才B1グランプリ予選。本日はここまでとなります。」

hachi「最後までご視聴ありがとうございました。」

きんきん「ありがとうございました」

くねくね「トイレに入ったらちゃんと手をあらえよ!」

きんぴら「相当くたびれた…」

hachi「本日は、帝国撫子型アンドロイド、ハチがお送りしました。」