辺野古「米兵と交流の歴史」 地元住民がフェンス清掃 キャンプ・シュワブ

LINEで送る
Pocket


護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で14日夜、辺野古在住の青年16人が、普天間飛行場の辺野古移設反対派が汚した同ゲートのフェンスを清掃する活動を行った。

辺野古「米兵と交流の歴史」 地元住民がフェンス清掃 キャンプ・シュワブ – 八重山地方の情報発信 八重山日報公式ホームページ



ss1三浦糸按
本当に掃除しなきゃならないゴミが、本土から持ち込まれた燃えない生ゴミってところが問題なのよね。