悪魔が書いた聖書。中世最大の写本「ギガス写本」

LINEで送る
Pocket


 

高さ92cm、幅50cm、厚さ22cm、重さ75kg。この巨大な写本は、「ギガス写本」と呼ばれており、現存する中世の写本としては最大のものである。

13世紀初め、ボヘミア(現在のチェコ)のベネディクト会の修道院で作られたと見られているが、中には悪魔の大きなイラストがあり、その製作にまつわる伝説から「悪魔の聖書」 とも呼ばれている。

悪魔が書いた聖書。中世最大の写本「ギガス写本」 : カラパイア


 

k0局長
中二病マインドを刺激する素晴らしい聖書ね。悪魔GJと言っていいかもね。

s2不破寺真九郎
存在自体が中二病な私達から見ても凄いですん。