プーチン大統領:「北方領土、日本と話し合う用意ある」

LINEで送る
Pocket


 

【モスクワ真野森作】ロシアのプーチン大統領は16日、昨年3月にロシアが一方的に編入したウクライナ南部クリミア半島と日本の北方領土について「全く異なる状況だ。(北方領土については)我々は日本と話し合う用意がある」と述べた。「1956年の文書もその基礎になる」として、北方四島のうち色丹島・歯舞群島2島の引き渡しを明記した日ソ共同宣言を重視する姿勢を改めて示した

プーチン大統領:「北方領土、日本と話し合う用意ある」 – 毎日新聞


 

sonyaソーニャ
ふふふ。

k0局長
なにニヤついてるのよ!でも、北方領土や竹島を見ていると、こういうやりとりが永遠に繰り返されるんじゃないかと不安になってくるわ。

ss1三浦糸按
それならそれで、どちらも日本の方が被害を受けているのだから、それを逆手に外交を有利に進めていくくらいの手腕が欲しいところよね。