古舘伊知郎氏らは何をビビッているのか? 産経新聞出版 皆川豪志

LINEで送る
Pocket


 

テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏と元通産官僚の古賀茂明氏の番組内バトルが、「権力と報道」という大上段に構えたテーマになって尾を引いています。確かに大事なことなのでしょうが、この人たちってすぐに「圧力」とか「委縮」とか、言いますよね。情けなくないですか?(iRONNA)

古賀氏は、テレ朝や古舘プロジェクトの意向で番組を辞めることになったとした上で、「菅(義偉)官房長官をはじめ、官邸の皆さんには物凄いバッシングを受けた」などと恨み節を述べました。仮に本当だったとしても、以前から「アイ・アム・ノット・アベ」などと公共の電波で安倍晋三首相を個人攻撃してきた人なのですから、「バッシング」くらい覚悟の上なのかと思っていました。

一方のテレ朝や古舘氏側も、古賀氏がそういう人物だと知っていながら便利に使っていたくせに、すぐに手の平を返すのも情けないと思います。双方とも、まるで悪乗りしてイタズラを続けていた馬鹿ガキが、ついに先生に見つかって叱られたら、今度は、びっくりして「先生が怒ったー」と泣きわめいているかのようです。

古舘伊知郎氏らは何をビビッているのか? 産経新聞出版 皆川豪志(1/3ページ) – 産経ニュース


 

k0局長
確かに、子供がちょっとしたことで先生に泣きながら言いつける様に見えるわね。

ss1三浦糸按
そして全然可愛げがないわ。もう存在ごと止めてくれないかしら。