産経前ソウル支局長の出国禁止措置解除、ネットでは「真相究明」を求める声

LINEで送る
Pocket


 

2015年4月15日、ソウル中央地検が朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の名誉を傷つけたとして起訴していた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置を8カ月ぶりに解除したことについて、ネット上では事件の真相究明を求める声が多く寄せられている。

加藤前支局長は2014年8月3日付の産経新聞のWEBサイトに、韓国フェリー「セウォル号」転覆事件が起こった同年4月16日に朴大統領が補佐官と密会したとの記事を掲載。韓国政府の削除要請に応じなかったことから8月に出国禁止処分を受けた上、10月には名誉毀損(きそん)で在宅起訴されていた。記事は朝鮮日報などの報道を基に書かれたが、同紙の記者は訴えられていない。朴大統領が7時間行方不明になったことの真偽についても明らかになっていない。

ソウル中央地検は、解除決定について、「出国禁止の必要性がある程度解消されたため」と説明している。この問題については日本政府が国連人権理事会で取り上げたほか、ソウルの外国メディア記者らでつくるソウル外信記者クラブも憂慮を表明する書簡を朴大統領に送っている。

産経前ソウル支局長の出国禁止措置解除、ネットでは「真相究…:レコードチャイナ


 

k0局長
未だに、なぜ『加藤元支局長だけ』が起訴され、身柄を押さえられたのかその理由が全くわからないわ。…いえわかってるけど。

s2不破寺真九郎
日本人が韓国の大統領を侮辱したからって喚いてましたよねん。

k0局長
まさに「日本人だから」というのが理由なわけだけど、それって酷い人種差別じゃない。韓国はまさにレイシスト国家であり、気に喰わない言論は記者を拉致してまで圧力をかける言論弾圧国家であることを、今回の件で世界に示したってことになるわよね。

s2不破寺真九郎
とりあえず加藤さんには、お疲れ様でしたとお声をかけさせていただきたいですねん。