米財務省、韓国の不透明な“為替介入”を猛批判 “手口”まで世界に暴露

LINEで送る
Pocket


 

米財務省が韓国の不透明な為替介入を世界に暴露した。輸出の不振で経済が低迷するなか、ウォン高阻止のため、先進国はもちろん新興国でもやらないような巨額介入を秘密裏に行ったと指摘、朴槿恵(パク・クネ)政権による対日本円でのウォン高対策も批判した。日本の円安が容認される一方、為替介入で悪名高い中国よりも強いトーンで指弾されるなどさらし者になった韓国では、アジアインフラ投資銀行(AIIB)をめぐる米国の意趣返し、との陰謀論まで出るなど動揺を隠せない。

米財務省、韓国の不透明な“為替介入”を猛批判 “手口”まで世界に暴露 (1/3ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK


 

sonyaソーニャ
報告書は米財務省が議会向けに半年に一度提出しているものデス。
韓国に関する項目では、

「韓国は公式には市場で為替レートを決めている」

「2013年2月には他のG20(20カ国・地域)諸国と同様に、為替レートをターゲットとした意図的な通貨切り下げ競争はしないことを約束した」

と前置きしたうえで、実際には韓国当局がウォン高を阻止する形で為替介入を行っていると指摘されていマス。

hachihachi

また「他の大半の主要な新興国市場や先進国経済と異なり、韓国は為替介入について公式な報告を行っていない」と厳しい表現で隠蔽体質が批判されています。平成26年の夏に大規模な介入を実施したことや、ウォン高圧力が強まった12月から翌1月にかけて再び介入規模が拡大したと分析されていますね。さらに対ドルだけでなく、対日本円でも、朴政権の当局者が昨年11月、ウォンを安くするよう意図したことも明記されています。

嘉悦大教授の高橋洋一氏は「本来ならゼロ金利にした後で、日米欧のように量的緩和しないと韓国経済は浮上しないが、韓国の対外債務は短期のものが多く、本格的な金融緩和でウォン安が進むと外資が韓国から資金を引き揚げられてしまう」と指摘している。