「死ぬ前に、どう?」自殺者の遺産目当てで、中国人売春婦が日本各地の“自殺名所”に集結中!?

LINEで送る
Pocket


 

全国各地の“自殺名所”に中国人売春婦が現れていると、一部で話題になっている。

自殺の名所として有名な福井県の断崖絶壁、東尋坊では先日、2人の中国人女性が売春防止法違反容疑で近くの署に連行され、事情聴取を受けた。

自殺を考えて同所を訪れた男性に対して「死ぬ前に気持ちいいことしよう」と売春を持ちかけ、男性の財産である所持金9万円と預金140万円を要求した疑いだ。居合わせた自殺防止のパトロール員によって発覚したもので、結果的に女性2人は起訴されなかったものの、女性は「ネットで見た中国の掲示板に、日本の自殺名所に行けば、自殺者から財産をもらえるという話が書かれていた」という。

「死ぬ前に、どう?」自殺者の遺産目当てで、中国人売春婦が日本各地の“自殺名所”に集結中!?|TOCANA


 

hachihachi
一応、わたくしアンドロイドではありますが、さすがに私でさえ、死に逝く人の身ぐるみ剥ぐ神経というは理解できません。
iparuhanイパルハン
支那には、あらゆる地獄が存在しています。地獄というのは、あの世ではなく支那にあるのです。毎日、魑魅魍魎たちによって、沢山の人々の血が流されて続けているというのが実情です。