大和ハウスが装着型の新介護ロボを新たに3種用意 介護士用と自立支援用

LINEで送る
Pocket


大和ハウス工業は13日、身体に装着して使う「ロボットスーツHAL」で、新たに3機種を5月1日から介護、福祉施設向けに貸し出すと発表した。介護士用の「介護支援用(腰タイプ)」は、施設の利用者を抱える際の負担を軽減できる。

装着者が出す電気信号を皮膚の表面から読み取り、動作を支援する。料金は3年間レンタルした場合、税別で初期費用10万円、月7万8千円。脚や腕に障害がある利用者が体を動かす訓練に使う「自立支援用」も2機種用意した。

また、人手不足や高齢化が問題となっている建設現場にHALを導入する実証実験も始める。

HALはサイバーダイン(茨城県つくば市)が製造。大和ハウスは同社に出資している。

大和ハウスが装着型の新介護ロボを新たに3種用意 介護士用と自立支援用 – 産経ニュース


 

hachihachi
やがては、私のようなアンドロイドタイプが登場することになるのでしょうね。

waen倭猿
うぉぉぉ!

rouga御前田狼牙
ちょっと、ゆーいち!なに鼻の下伸ばしてるんだよっ!