翁長沖縄知事「敵意」むき出しで首相と面会して何を得ようとしているのか

LINEで送る
Pocket


 

菅義偉(すが・よしひで)官房長官と沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事による5日の初会談は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設をめぐって双方が主張を譲らず、「平行線」に終わった。翁長氏は政府の辺野古移設方針を「上から目線」「政治の堕落」となじり、両氏が一致したのはこの会談を「第一歩」として今後も協議を継続することだった。翁長氏はこの場で安倍晋三首相との会談を要求したが、何を見いだそうとしているのか。

【安倍政権考】翁長沖縄知事「敵意」むき出しで首相と面会して何を得ようとしているのか(1/5ページ) – 産経ニュース


k0局長
いちいち言葉に噛みつくところが、もう問題に対してまともに取り組むつもりがないのがあきらかね。

翁長氏の態度は苛烈を極めた。

「危険除去のために(代替施設を)沖縄が負担しろという話をすること自体が日本の政治の堕落だ」

「官房長官は(辺野古移設の工事について、)『粛々』という言葉を使うが、問答無用の姿勢だ。上から目線で、使えば使うほど県民の怒りは増幅する」

 

 

野田佳彦政権時代に防衛相として当事者として普天間移設にかかわってきた森本敏(さとし)氏は、同じBSフジ番組で「日米安保をどう考えるかというのは、まさに政治の責任であり、国の責任であり、沖縄の責任でもある」と指摘した。中国が不当に領有権を主張し、公船が周辺海域を執拗(しつよう)に領海侵犯する尖閣諸島は沖縄県(石垣市)に属する離島だ。尖閣だけではなく、南西地域はいまや日本政府が防衛強化する対象になっている。