「チベット・ネパール鉄道」中国が計画、エベレストにトンネル?

LINEで送る
Pocket

 


【北京AFP=時事】世界最高峰エベレストの下をトンネルで通り、中国とネパールを結ぶ鉄道の開設を中国政府が検討していると、9日の同国国営メディアが報じた。(写真はチベット・ラサから北京へ向けて走行する列車)
中国政府は現在、インドが完全に自国の勢力範囲にあるとみなしているネパールとの関係を構築している。青海省の省都とチベット自治区のラサはすでに「青蔵(青海チベット鉄道」によって結ばれているが、中国国営英字紙チャイナ・デーリーは中国工程院の専門家の話として、ネパール国境までの路線延長が「ネパールの要請により」計画されていると伝えた。同紙が引用したチベット当局の高官は、2020年までの完成を見込んでいると述べている。
中国の王毅外相は昨年12月にネパールの首都カトマンズを訪れた。ネパール側の報道によれば、新路線は最終的にカトマンズやその先にまで延長され、巨大市場であるインドと中国をつなぐ重要路線となる可能性も秘めている。
一方チャイナ・デーリーは、そのような計画では、エベレストの下にトンネルを建設する可能性もあると伝えている。専門家の王梦恕氏は同紙に対し「路線はおそらくチョモランマ、(エベレストのチベット名)を通り抜けなければならない。作業員たちは非常に長いトンネルを掘ることになるだろう」と語った。同氏は、「著しい」高低差の変化があるヒマラヤの地形では、カトマンズへ乗り入れる列車はどれも最高時速120キロにとどまるだろうという。【翻訳編集AFPBBNews】
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_all
〔AFP=時事〕(2015/04/10-16:51)


 

iparuhanイパルハン
世界の車窓からの番組ネタが増えて喜んでいるような人もいらっしゃるかもしれません。多くのメディアは、中国共産党の宣伝をそのまま垂れ流すものですから、そう思ってしまうことは仕方ありません。

 

第二の『チベット侵略鉄道』が物語るもの  WEDGE Infinity(ウェッジ)
チベット好きを公言するある日本の文化人は、青蔵鉄道について、「新幹線開通を歓迎してきた日本人が、中国のチベット鉄道敷設を批判する権利はない」と述べたという。日本の「平和的文化人」のナイーブさには愕然とさせられる思いだ。

s2不破寺真九郎
どう考えても侵略ですよねん。