オバマ大統領、南シナ海紛争で中国批判「黙って小突かれてよいわけない!」 カリブ海進出も牽制

LINEで送る
Pocket


オバマ米大統領は9日、訪問先のジャマイカで行った市民対話集会で、中国が南シナ海の領有権をめぐり、国力を背景に周辺国に対して強制的な対応をしているとして批判した。

オバマ氏は「フィリピンやベトナムが中国ほど大きくないからというだけで、黙って小突かれてよいことにはならない」と指摘。「中国が国際的な規範やルールを順守しないことを懸念している」と表明した。

また、中国がカリブ海諸国にインフラ整備などの支援を強化していることに関し「本当に人々の役に立つのなら歓迎だ」とした上で「どのような条件が付いているのか注視した方がいい」と述べ、長期的な利益を重視すべきだと呼び掛けた。

中国は「米国の裏庭」と呼ばれるカリブ海諸国との関係強化を図っており、オバマ氏の発言はカリブ海地域への影響力保持に向けた米国の決意を表明したものだ。(共同)
産経ニュース 2015.4.11 00:33より
http://www.sankei.com/world/news/150411/wor1504110015-n1.html


South_China_Sea_vector.svg

南シナ海の領海問題
青破線; 各国の排他的経済水域
赤破線; 中国が主張する領海
黄緑色; 領有権問題となっている諸島、中国とベトナムの排他的経済水域の境界にあるのが西沙諸島、ボルネオ島の北西に位置するのがスプラトリー諸島
(ウィキペディアよりhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%B7%E3%83%8A%E6%B5%B7)


k0局長
中国は、他国の海岸線ぎりぎりまで含む「九段線」(または「U字線」「牛舌線」ともいう)を引いて、南シナ海の大部分が中国の領海だと主張しているの。上の地図にある赤い波線部分ね。

s2不破寺真九郎
な、なんという適当な線…あっ、アホですかん。アホですねん。こんな主張が許されるなら、ベトナムやフィリピンだって中国沿岸まで了解主張して良いってことですかん。

ss1三浦糸按
真ちゃん、支那を相手するのにまともにとりあっちゃ駄目よ。まぁこれは日本人や政府にも言っておきたいことではあるのだけれど。日本人は、事実やルールに基づいて話をしたり聞いたりするべきだと考えているけれど、奴らは言葉ひとつの中にさえ駆け引きがあるの。日本人からみたら汚い駆け引きがね。彼等以上にあくどい駆け引きができないのであれば、そもそも最初から聞かないのが一番なのよ。どうせ大したこと言っていないし。

s2不破寺真九郎
そ、そうかもしれませんですが、今現在、実際に南シナ海で侵略行為が展開されているのですん。これをなんとかしなくちゃマズイですん。日本にとっても生命線ですよん。

k0局長
日本でも、外相レベルの会談が行われたし、自民党の二階氏が5月に訪中予定よ。いろいろ中国に対して模索していることは確かね。

s2不破寺真九郎
そうなのですかん。

ss1三浦糸按
まぁ外相会談は、中韓タッグの日本批判で終わったし、二階は自分の権勢を見せつけるために国益を売りに行くだけなんだけどね。

s2不破寺真九郎
それじゃ、全然だめだめじゃないですかん。

ss1三浦糸按
日中関係なんて、ずっとだめだめなのよ。
k0局長

で、ここに来てオバマ大統領がようやく中国の脅威に気が付いたと…。

ss1三浦糸按
まぁ日本は、南シナ海を支那に押さえられて、石油がまともに確保できない状況になったら気が付くのでしょうね。その時はもう何もかも遅いのだけれど。

 

追記

中国「砂の万里の長城」建設加速 南沙諸島、米が警戒感 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース