リッパート米大使、「日本は当事者の心が癒されるよう歴史を扱うべきだ」

LINEで送る
Pocket

「歴史問題は当事者の心が癒され、和解する(healing and reconciliation)方法で扱われなければならない。米国はこの点を重視し、日本にもこれまで話をしている」
東亜日報 APRIL 09, 2015 07:22
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015040931428


ss1三浦糸按

つまり原爆の被害について、それが平和と人道に対する世界上最悪の罪だとアメリカが認め、民間人をターゲットにした空爆で何十万人もの人々を大虐殺したことを心から反省し、これから毎回大統領が変わるたびに、日本人全体に心からの謝罪をして、日本人の心を癒してくれるってことなのね。

k0局長
テロリストの被害にあわれたことには同情するけど、やっぱり駐韓米大使なのよね。