北朝鮮拉致問題

LINEで送る
Pocket

■関連リンク

政府拉致問題対策本部

北朝鮮による日本人拉致問題(Wikipedia)
■拉致問題アワー

■特定失踪者問題調査会

■拉致問題ニュース


年表

ソース:Wikipedia 「北朝鮮による日本人拉致問題CC BY-SA3.0 より。


事件の発生

拉致犯罪の表面化

小泉政権

  • 2002年9月17日 – 小泉純一郎首相第1回訪朝、拉致問題について金正日が謝罪。
  • 2002年10月15日 – 拉致被害者5名が帰国。
  • 2002年11月5日 – 内閣官房拉致被害者・家族支援室の発足。
  • 2003年1月 – 北朝鮮が核拡散防止条約(NPT)を脱退。
  • 2003年1月 – 第1回の六カ国協議開催。
  • 2004年5月22日 – 小泉首相第2回訪朝、地村・蓮池夫妻の家族5名が帰国。
  • 2004年7月9日 – インドネシアジャカルタにおいて曽我ひとみさん一家再会、7月18日曽我一家日本に帰国。
  • 2005年2月 – 北朝鮮が核保有を宣言。
  • 2006年7月5日 – 北朝鮮がミサイル発射、日本政府は経済制裁を含む対応策を発表。

安倍政権

  • 2006年10月 – 北朝鮮が最初の地下核実験。

麻生政権

  • 2008年10月 – 米国が北朝鮮のテロ支援国家指定を解除。
  • 2009年3月11日 – 韓国釜山において金賢姫は田口八重子さんの長男飯塚耕一郎さんと会い、田口八重子さんは生きていると伝えた。
  • 2009年4月 – 北朝鮮がテポドン2の改良型とみられるミサイルを日本海に発射。
  • 2009年5月 – 北朝鮮が2度目の地下核実験。

菅政権

野田政権

  • 2011年12月 – 北朝鮮の総書記・金正日が死去。

安倍政権

  • 2014年3月 – 横田めぐみさんの両親がモンゴルで孫と面会。
  • 2014年5月 – スウェーデンのストックホルムで開催された日朝協議で北朝鮮側が拉致被害者を含む日本人の再調査を開始することで合意。
  • 2014年7月 – 北朝鮮が特別調査委員会を立ち上げ、拉致被害者、行方不明者、日本人遺骨問題、残留日本人・日本人配偶者の4分科会を設置。日本は独自制裁の一部解除方針を発表。
  • 2014年10月 – 日本政府代表団が平壌で特別調査委員会幹部と面会して早期の報告を要請。
  • 2015年7月 – 北朝鮮側が日本側に対して報告の延期を通告。
  • 2016年1月6日 – 北朝鮮が4度目の核実験を実施し、水爆実験に初めて成功したと発表。
  • 2016年2月7日 – 北朝鮮が人工衛星の打ち上げと称する長距離弾道ミサイルの発射を実施。日本は北朝鮮に対する独自の追加制裁を実施。